ジャックオランタンとは? ハロウィンとかぼちゃの謎



ホクホクのカボチャが大好きな

たかちゃんです。^^

 

そこで、今日の話題は

ロウィンにしたいと思います。

いつのまにか、

日本でもこのハロウィンが

イベント化してきて、

パーティーなどで楽しむ人が

増えてきましたね。

 

スポンサードリンク


 

ハロウィンとは?

 

そもそもハロウィンて何なのでしょう?

 

ハロウィン または ハロウィーン (Halloween)

 

もともとヨーロッパからはじまった

秋に行われるリスト教の行事です。

 

簡単に言うと

収穫への感謝と一緒に、

悪魔払いをするお祭りです。

 

KABO2

万聖節を祝う前夜祭として

毎年10月31日の夜に行われます。

万聖節とは、キリスト教で毎年11月1日に

あらゆる聖人を記念する祝日を指しています。

 

ハロウィンは、前夜祭から2日までなので

11月2日までなんですね。

 

米国では、

ジャック・オ・ランタン

(カボチャのお化けちょうちん)などを飾り、

こども達がして近所の家々を回って

お菓子をもらいます。

 

スポンサードリンク


 

ジャック・オ・ランタン とは?

 

ちなみに、

ジャック・オ・ランタン (Jack-O’-Lantern)て

なんでしょうか?

 

これは、カボチャのお化け

ランタン(ちょうちん)で

ロウィンのシンボルとなっています。

 

kabo

 

よく、大きなオレンジ色の

カボチャの中身をくり抜いて、

目・口・鼻をあけ、

中にろうそくなどを灯す

光景も見られますよね。

 
スポンサードリンク
 

 

ジャック・オ・ランタン の由来は? どうしてカボチャなの?

 

でも、このジャック・オ・ランタン

由来ってなんでしょう?

 

日本語で訳すと「ジャックランタンの灯り」です。

 

こんなお話があります。

 




 

 

昔、人をだましてばかりの

ジャックという男がいました。

この世とあの世の境がなくなるハロウィンの夜、

あの世の地獄からやってきた悪魔は、

高く売れるジャックのをとろうとしました。

 

ジャックは悪魔に魂をあげる前に

使っても減らないお金が欲しい。

そのお金が手に入るのなら、

10年後に俺の魂をあげよう。と約束し

悪魔はお金に変身しジャックの

財布に飛び込みました。

 

KABO4 

 

それから遊び回って10年経ち

悪魔が財布から飛び出して

元の姿に戻りました。

 

悪魔が約束通り魂を

もらうよと言った瞬間!

ジャックは、魂をあげる前に

最後の食事をしたいので、

あの木になっているリンゴ

とってくれないかとお願いしました。

 

最後だからと悪魔は木にのぼり

リンゴを取ろうとしましたが、

ジャックが木の幹に十字架

刻んだだめ、動けなくなって

しまいました。

 

そこで、悪魔は助けを求めました。

ジャックは、助けてもいいが

どうせ俺が死んだら地獄行きだから

魂をとらないようにしてくれと

契約書を結び、助けてあげました。

 

その後、何十年か過ぎてジャックは亡くなり

天国に行こうとしました。

しかし、お前は悪人だからと

入ることができず、地獄に行っても

契約書の通りここには入れないので

元にいた場所に戻って欲しいと言われ

天国と地獄の間の暗い道

さまようことになりました。

 

ここで、

あまりに暗く道だった為、

カブをくり抜いてランタンをつくり

火を灯しました。

 




 

このジャックのランタンが

ャック・オ・ランタンと呼ばれる由来です。

 

この話がアメリカに伝わると

カブよりボチャがたくさん採れたので

カボチャでランタン(ちょうちん)を作るのが

一般的になったんですね。

 

それでは、また!


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ