高尾山 紅葉 コースのオススメ!



 

最近、

ウォーキングにハマっている

たかちゃんです。^^

 

紅葉の秋

皆さんはどちらにお出かけされますか?

たかちゃんは、高尾山に行こうと計画中です。

 

10〜11月には、

 

秋のスタンプハイク・秋季大祭

高尾山もみじまつり・山草草に親しむ会

などの

イベントが開催されるようです。

 

takao12

 

都心から電車で1時間で行けて、

見どころ満載ですからね。

 

日帰りでゆっくりと山歩きができ、

1年中楽しめるところが魅力です。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索


 

スポンサードリンク


 

高尾山の思い出

 

小さい頃は、

遠足でよく登っていました。

 

もう10回以上は行っているので、

1〜6号路&稲荷山コースは全て

制覇したと思います。

 

takao

※高尾山公式ホームページより

 

ケーブルカーリフトを乗ると

とてもワクワクしました。

 

takao4

 

両方とも 

大人は片道470円、往復900円

たかちゃんは、断然リフト派!

下りの景色は最高です!!

 

takao5

 

そして、

高尾山といえば、ムササビ天狗でした。

今は、おみやげで 天狗焼という

たい焼きみたいなものが人気なんですね。

知りませんでした。

 

takao7

 

 

高尾山の人気はいつから?

 

最近は、大変混雑しているようです。

 

なので、本当に自然を満喫したい方には

不向きになってきたかもしれません。

 

似たところでは、

世界遺産に登録された富士山もそうですね。

 

昔、Mr.Childrenとかスピッツが

マイナーな時に

音楽を聴いていたのですが、

売れ始めてしまうと飽きてしまい

ちょっと寂しくなる気持ちに

近いのかもしれません。(笑)

 

高尾山の人気はいつから

はじまったのでしょう?

 

おそらく、

2003年秋にフジテレビで放送された

高尾山中腹にあるお茶屋さんを舞台にした

ドラマ「ハコイリムスメ!」ぐらいから

急激に人気が出た感があります。

 

ちなみに

年末年始の初詣激混みです!

夜中の頂上にこんな人がいるなんて!と

ビックリしました。

 

その逆で

年末に行ったことがあるのですが、

ほとんど人がいなく静かで、

のんびり自然を満喫できましたよ。^^;

 

 

高尾山の紅葉 オススメのコースはこちら

 

ここからは、

今までの経験から

たかちゃんの紅葉を見るなら

ここだというコースをご紹介します。

 

オススメはズバリ

 

6号路のびわ滝コース

 

稲荷山コースです!

 

両方とも高尾山麓にある清滝駅から 

左手に伸びる舗装道路から

入っていくコースです。

 

takao8

 

6号路は、

びわ滝川の清流に沿って登るコースです。

途中、紅葉に囲まれた びわ滝を見ると

心が洗われます。

 

全長3.3km  途中トイレは1カ所 

休憩所はありません。

 

takao2

 

稲荷山コースは、

見晴らし屋根コースとも言われ、

山全体にもみじが紅葉して、

美しい景色が眺められます。

 

全長3.1km 途中トイレは3カ所

休憩所はありません。
 
takao14

 

もし、お子さんと一緒に行くのなら

1〜4号路がオススメです。

 

山頂からは丹沢山、

天気がよければ富士山を眺めることができます。

 

takao6

 

帰りは、1号路を通ります。

薬王院で、天狗像を眺め

ひょっとこの口にも見えるたこ杉を堪能。

 

takao11

 

時間があれば、

名前を呼ぶとお返事する猿が見られる

さる園もよりたいところです。

 

そして、展望台付近で少し休憩した後

ケーブルカーリフトを利用して

下山します。

 

いや〜 疲れた〜

お腹も空きました〜。

 

そんな時は、

甲州街道(国道20号線)沿いにある

日光屋さんがオススメ!

 

takao10

 

お店は素朴なつくりで、

昭和にタイムスリップしたような雰囲気。

名物とろろそば(750円)は、

あっさり とろとろのお芋と蕎麦

お出汁とからんで、元気100倍になります。

 

場所はこちらでチェック下さい。

 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索


 

それでは、また!

 


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ