インフルエンザは辛い!他の病気の症状と比較してみた!!



インフルエンザになったかも。
かなり辛いっていうけど、実際どうなんだろう。

そこで、今回は管理人のたかちゃん自身が経験した
とっても辛くて痛い病気をご紹介!

果たしてインフルエンザは、どのくらい辛いのか!?

これを見ている暇はないかもしれないけれど、
どうぞ、このつらさをご覧あれ!^^;

それでは、早速見ていきましょう♪

unhappy_man6

インフルエンザは、寝て安静にしていればつらくない?

鼻水や咳は、そんなでもないけど、
なんだか頭が痛く、体もだるく節々が痛くてクリニックへ。

調べてもらったら、なんとA型インフルエンザでした。T_T
その後に、寒気と39度以上の高熱が続き体はぐったりです。

寒気があるうちは、起き上がれないほどつらく、
体がふわふわ浮いているような、動くと関節が痛んで起きてしまう。

これが、さすがに4日ぐらい続くと生きた心地がしなくなります。

食事もほとんどとれず、熱が下がってきたころに、
リンゴやみかんを死に物狂いで食べましたよ。(笑)

でも、つらいはつらいんですが、
死ぬほどの痛さはなかったです。

以降は、予防接種を受けるようにしています。

スポンサードリンク

帯状疱疹の顔面は、死ぬほどのつらさだった。

2013年9月に投稿した帯状疱疹の話をまずご覧下さい。

帯状疱疹の症状 顔の痛みは強烈だった!

過労やストレスで免疫力が低下した時に発症する帯状疱疹は、
右頭が痛くなった後、右顔に激痛が走りました。

もうとにかく、顔面を抑えながら、
「痛いっ〜!」と叫びたくなる辛さです。

そして、もう何でもいいから、早くこの痛さから解放されたい。
神様!どうか助けて下さい状態です。

・・・とは言っても、痛み止めなどを飲まない限りは、
何も解決せず、夜は一睡もできず泣きながら痛さを我慢
続けることになりました。

インフルエンザに比べ物にならないぐらい
痛くて辛い日々を過ごしたのです。

※帯状疱疹が出る箇所によって痛みが違うかもしれません。

 

溶連菌は、高熱だけ!体は元気!!

2013年10月に投稿した溶連菌の話をまずご覧下さい。

溶連菌(ようれんきん)大人の症状とは?インフルエンザとの違いは?

子供から移ってしまった溶連菌!

溶連菌の症状は、39度以上の高熱が特徴で、
インフルエンザと間違われる可能性がある病気です。

違いは、インフルエンザと違って寒気やだるさがなく食欲旺盛
そう、体は元気なんです。とにかく高熱がつらい。

その高熱のせいで、少しぐったりして寝込むことになります。

インフルエンザに比べれば、
寒気やだるさがない分、少し辛いといったところでしょうか。

スポンサードリンク

顔がパンパンに腫れた根尖病変は発表するぐらい痛い!

2014年9月に投稿した根尖病変の話をまずご覧下さい。

顔が痛くて腫れて頬がパンパン!原因と治った方法とは?

右顔の頰がパンパンに腫れた根尖病変。
原因が見つかるまで、チャリンコで激走して歯医者へ。
それは、もう大変な1日でした。

自転車を漕ぐスピードも感じないぐらいの
火事場のクソ力が働いていたかもしれません。

とにかく痛い。頰が内部で膨らんだ時の姿を
想像してみて下さい。頰の内側に膿が溜まって
出口がない状態なんです。おたふくとは違いますから。

なんとか歯医者で膿を大量にプシューっと出してもらい
少し落ち着いたものの痛み止めを飲んでも、すぐ効かなくなる痛さ。

これも発狂して物に当たりなくなるような痛さとつらさ。

痛い時は一切眠れず、口を動かすと痛いので食べ物が入らず。
痛みが取れるまでは一週間ぐらいかかったので、
これも死んでしまうかもしれないぐらいのつらさでした。

スポンサードリンク


 

本当につらかった(痛かった)病気は?

ここまで、たかちゃんが体験した病気をご紹介しました。

病気の原因やかかったタイミングによって違いがありますが
以下に、つらかった(痛い)順番を並べてみたいと思います。
ここまで読んでいただいたら想像がつくかもしれませんね。

 

1位 根尖病変

やはり、ずーっと痛いのはつらいです。
虫歯の激痛がずーっと続く感じでしょうか。
口を動かしても痛いので、基本的に食べられません。

 

2位 帯状疱疹

こちらも、ずーっと痛いのですが、
神経痛で体の内部が痛いといった感じです。
物が食べられるだけでもいいかも。

 

3位  インフルエンザ

寒さと股関節の痛さを
耐えられればなんとかなるかも。
でも、高熱はつらいものです。

 

4位 溶連菌

高熱だけで、食欲旺盛!
なんとか乗り切れます!!
(子供の病気のようなので、
大人バージョンは比較するのもあれですが・・・)

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

各病気のつらさ・痛さを少しわかっていただけましたか?

これを書いている今は、病気の時のことを思い出して
身震いしてしまいました。^^;

やはり健康って大切ですね。

これから症状を体感する方の参考になれば幸いです。
何か対策ができることがあれば、医療期間に相談してみて下さいね。


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ