朝顔の観察日記に栽培セットはいかが?支柱が大活躍するよ!!



夏休みの宿題や自由研究と言えば、
「あさがおの観察日記」がありますよね。

asagao

今回、小学校の娘があさがおの種
先輩たちから譲り受けたので、
育ててみよう!ということになりました。

しか~し、
土や植木鉢や肥料とかどうするの??

そんな時に便利なのがコレ!

 

「あさがおの栽培セット」です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

収縮できる支柱もついているので、
縦に長~く成長して行って、
たくさんの朝顔の花を咲かせてくれるんです。

 

 

朝顔(あさがお)栽培セットの内容

 

セット内容は、こんな感じ。

 
  • 植木鉢
  • 受け皿
  • 支柱
  • じょうろキャップ(ペットボトルが、じょうろに変身!)
  • 土3.6ℓ(有機肥料入り)
  • 朝顔の種
  • 肥料(元肥・追肥)
  • 育て方の説明書
 

これらを個々に揃えるのって面倒だし、
スーパーで売っている土とか肥料って量が多くて重たい・・・

そんな悩みを解決してくれる
バランスのとれたセット内容になっています。

中でも支柱が大活躍してくれます。
この支柱も単品では、なかなか手に入りませんので・・・

 

通販でポチッとクリックすれば、
数日で自宅に到着!

便利な世の中になったものですね~。
改めて実感♪

 

スポンサードリンク


 

実際に朝顔を育ててみました。

 

まずは、朝顔の育て方の説明書を見ながら進めていきます。

結構、詳しく書いてありますが、
子供でもわかりやすい
構成になっています。

なんだか見ているだけでルンルンな気分になりますね♪
赤・青・紫・・何色の花が咲くのかな~。

 

植木鉢に土と肥料を入れて、
水がこぼれないよう受け皿を敷きます。

土に人差し指の第一関節ぐらいまで
穴を7つ作りました。

そこに種を入れて水やりをして
後は日々観察するだけ。

日当たりも重要です!

asagao0614a

種をまいたのは、6月上旬
だいたい4日目で目が出て、
上の写真のように5日目で双葉が見られます。

asagao0615a

6日目にして、こんなにたくさん
芽が出てきました。

これでも日当たり悪い方なんですが、
成長早いですね~。

asagao0616a

ただ、梅雨の真っ最中だったので
太陽が出てくれない状況だったんですがね・・・

asagao0623a

2週間経つと双葉が大きくなって
鉢の中がいっぱいになりました。

娘と一緒に4本間引きして
3本残すことに!

asagao0623-1a

これで残りの3本に栄養が多くいきわたります!

ちなみに肥料の役割って知ってますか?

根や茎の成長を助ける窒素
花が咲いて実がなれるよう助けるリン酸
根や茎を丈夫にするカリ

これらは、植物の成長に必要な三大要素と言われています。

asagao0703a

約1か月経った7月上旬
つるが伸びてきたので、支柱を設置することに。

この支柱って折り畳みできるので
使い終わったら収縮して保管できます。

収納場所でも邪魔にならないので便利ですね。

さて、どこまで伸びるでしょう?

asagao0831a

どうです?この朝顔の花たち!!

7月下旬には、
つるが支柱の上まで伸びて
花が咲きました。

写真のように8月下旬には15輪以上も!^^

色も一種類ではなく
赤・青・紫とバランスよく咲いてくれましたよ~。

これで、写真を撮って観察日記も無事終了です。

 

栽培セットを2つ用意して、
日なたと日陰で育てた違いを
見て行くのもいいかもしれませんね。

結構、葉っぱの色も濃い薄いなど違ってきますよ。

 

スポンサードリンク


 

最後に・・・

 

あとは、9~10月に種を収穫して
来年用にとっておくことにしました。

 

実は、他にもひまわりとか
プチトマトとか試してみたのですが、
朝顔が一番簡単です。

皆さんもぜひ朝顔を育ててみて下さい!
子供の頃の夏の思い出がよみがえってきます。

懐かしい~。


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ