PM2.5とは?その全貌と対策!あなたは知っていますか?



 

PM2.5といえば、

大気中に飛ぶ微粒子!!

の奥深くまで入り込むんです!

 

 

最近、多く聞くようになったPM2.5とは、

直径2.5μm(マイクロメートル)以下の

微粒子のことです。

※PM:particulate matter

 

なぜ、ここまで話題になるように

なったのでしょうか?

 

まずは、こちらの動画をご覧ください。

汚染物質で真っ白です。

 



 

まるで、屋外が喫煙ルーム

なっている感じですよねぇ。

さすがにこれを見たら・・・

 

日本は、ここまでの状況には

なっていませんが、

不安になりますよね~。

 

そこで、今回は、

そのPM2.5の原因と対策を

わかりやすく解説

全貌に迫っていきます!!

 

お子さんでも理解できるように

シンプルに書いていきますので

説明用としてブックマーク

しておいて下さいね。

 

スポンサードリンク


 

PM2.5が飛来する原因は?

 

中国から西日本に

偏西風(西から東に流れる風)とともに

飛来するPM2.5。

 

特に冬~春にかけてが多く、

花粉の飛来と重なっています。

 

なぜ中国でPM2.5が大量発生

しているのでしょうか。

 

それは、

以下3つが主な原因とされています。

 
  • 不十分な工場設備で安価な石炭を燃やし、粉じんも多く発生
  • 暖房の為、石炭を加工して作った練炭を燃やしている家庭が多い
  • 自動車が増えて、ガソリンが低品質
 

PM2.5は、超微粒子なので

肺の奥まで吸収されてしまいます。

 

なので、

体の免疫が低下したり、

呼吸困難になったり、

最悪、死に至るケースもあるということで

大きくニュースになっているんですね。

 

 

中国の国土面積は日本の25倍で

その面積の13%までにPM2.5が拡大。

 

・・・ということは日本の国土面積の

3倍以上が汚染物質で覆われている!!

※ちなみに中国の人口は日本の10倍

 

ここで、世界と日本で見た場合の

安全基準を表にしてみましたので

参考にしてみて下さい。

 
PM2.5規制目標
1年平均 1日平均
世界 10 μg/㎥ 25 μg/㎥
日本 15μg/㎥ 35μg/㎥
年平均100㎎/㎥で呼吸器への影響大。死亡率上昇↑
1日平均で北京では400~900μg/㎥、東京の清瀬市で67.5μg/㎥を
上回ったとか・・・比較してみるとスゴイですねぇ。
ちなみに日本の自治体では、70μg/㎥超える
可能性がある時は、外出を控えるよう呼びかけています。
 

最初の動画で見ていただいた北京の駅は、

規制目標から20倍以上も

超えてしまっていますね。(^^;

 

スポンサードリンク


 

 

PM2.5から守る対策は?

 

それでは、

PM2.5がたくさん飛来している時は

どうしたらいいのでしょうか。

 

主にできる対策はこの3つです。

 
  • 外出を控え、窓の開閉と換気を最小限にする。
  • 外での長時間の運動を控える。
  • PM2.5に対応したマスクの着用、空気清浄機を利用する。
 

まずは、無駄に外に行かないことですね。

 

最近は、マラソンが流行っているみたいなので、

無理のない有酸素運動として、

ウォーキングに変更しましょう。

 

屋外ライブのアーティストの皆さんも

喉をやられないよう気を付けた方が

いいのかもしれないですね。

 

PM2.5対応といったマスク

空気清浄機も出ていますが

高性能のフィルターが命です。

 

特に、空気清浄機の

フィルター掃除をする時には、

誤って落として粒子が拡散しないよう

ビニール袋などに入れて

対応してみて下さい。

 

それでは、また!


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ