ヘレンケラーの名言 落ち込んでいるあなたへ



人生はどちらかです。

勇気をもって挑むか、

棒にふるか。

 

上記は、世界の偉人

ヘレンケラー(1880~1968)の名言の一つです。

 

彼女がどんな人物かご存知ですか?

 

今回は、

 

卒業式を終えて新たな出発をする方、

仕事に失敗して落ち込んでいる方に

 

ヘレンケラーの名言をお贈りしたいと思います。

 

きっと、何か気づきがあるはずです。

 

スポンサードリンク


 

ヘレン・ケラー とは?

 

ヘレンケラーは、

アメリカのタスカンビアという小さな町で生まれ、

半年でかたことを話せたという賢い赤ちゃんでした。

 

ところが、

1歳7ヵ月のときに原因不明の高熱におそわれ、

病気のために目が見えなくなってしまいました。

 

さらに、耳も聞こえなくなり、

話すことができなくなりました。

 

こうなると伝えることができない為、

わかってもらえない気持ちが爆発し

毎日イライラが続きます。

 sakura1

 

この苦しみは三重苦として有名ですよね。

 

見えない・聞こえない・話せない

 

考えただけでもつらいですね。

 

 

その後、7歳のヘレンのもとに、

アンサリバン先生という家庭教師がやってきました。

 

サリバン先生は、

ヘレンケラーの手にコップを持たせて

そこにポンプから出る水を流します。

 

するとヘレンの手に水が溢れました。

 

サリバン先生がとっさにヘレンの手をとり、

指先で手のひらにウォーター(水)と書きました。

 

その瞬間、ヘレンは溢れた水と言葉が一致し、

モノには名前があると理解することができました。

 

water1

 

ヘレンは、その出来事をきっかけに

周りの人やモノを大切にするようになったのです。

 

そして、ワクワクして頑張る気持ちが芽生え、

訓練によって話すこともできるようになりました。

 

そのおかげで、勉強もたくさんして大学にも合格。

生涯を障害者の教育・福祉に捧げました。

 

スポンサードリンク


 

 

ヘレン・ケラーの名言

 

そんなヘレンケラーの人生が

名言を生み出します。

 

たくさんの名言がありますが、

私が心に残るものをピックアップしました。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 




はじめはとても難しいことも、

続けていけば簡単になります。

※職人の世界もそうですよね。
 難しいことでも文句を言わずにがむしゃらに頑張ることが大切です。

 




ベストを尽くしてみると、

あなたの人生にも

他人の人生にも

思いがけない奇跡が起こるかもしれません。

※頑張る姿は、いつも他人が見ています。
 あなたがいてくれてよかったと言ってもらえたら
  どれだけうれしいことでしょう。

 




一つの幸せのドアが閉まる時、

もう一つのドアが開きます。

しかし、

私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、

開いたドアに気づきません。

※過去の栄光ばかりとらわれて、自分のやり方を押し付けてはいけません。
 新しいドアの先は、違う世界です。

 




自分でこの程度の人間だと思ってしまえば、

それだけの人間にしかなれないのです。

※確かにその通りですね。自信を持つことが大切です。

 




元気を出しなさい。

今日の失敗ではなく、

明日訪れるかもしれない成功について

考えるのです。

※励ましの言葉ですね。失敗はもう終わったこと。
 その失敗から成功につなげるのです。

 




人生は胸おどるものです。

そして人生がもっと面白くなるのは

人のために生きている時です。

※あなたの勉強・仕事にワクワクしていますか?
 人生ワクワクがないと続きません。
 それがみつかったら、自分のためではなく
 他人に目を向けて自分の役割を考えてみて下さい。

 




 

shizuku3

 

私もまだまだ大きなことを言える立場ではありませんが、

上記の名言を、これからの人生に活かしていきたいと思います。

 

いただいているあたなも

一人になって考えてみて下さい。


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ