銀杏(ぎんなん)を早く食べたい!封筒に入れ電子レンジでチン!



無性に銀杏が食べたい。

そういえば、買ってあったよな。

でも、すぐ食べたいんだよ~。

 

たまにコーヒーが飲みたくなるように

銀杏が食べたくなることがあります。

 

でも、銀杏の殻をむくのが面倒くさい。

そして、とにかく早く食べたい!

ginnan1-1
そんな時は、レンジに入れてチンするだけ!!

 

しかし、ちょっとしたコツが必要です。

 

これから紹介する方法は、

おばあちゃんから教わりました。

 

テレビでも紹介された有名な方法なので

ご存知な方も多いかもしれませんが、

参考になれば幸いです!

 

スポンサードリンク


 

銀杏を封筒に入れて電子レンジで加熱しよう!

 

それでは、実際やってみましょう!

 

まず、厚い茶封筒を用意して、

その中に銀杏を10~20個入れます。

 

※銀杏を入れる前に、ハンマーや殻むき器で
殻にヒビを入れておくとベスト。
あと銀杏をさっと水にぬらしておくといいです。

 

ginnan2

 

そして、次に

封筒の折口を3回程度折り、

セロファンテープで留めます。

 

※しっかり留めておいてね。
そうしないと、レンジでチンした時
銀杏が飛び出てきてしまいます。

 

ginnan3

 

そしたら、封筒に入れた銀杏を

耐熱ガラスの上に置き、

電子レンジに入れ500wで2~3分加熱します。

 

※700~1,000Wだと、銀杏が爆発してしまうので
 低めの過熱がいいです。3~4個ぐらいポンポン
 はじけてきたら、電子レンジを一旦留めましょう。

 

ginnan4

 

封筒の中身をチェックして

銀杏の殻が、貝のように少し口を開いたら終了。

まだ、開いていないものがあれば、それだけ封筒に

残して電子レンジで、ちょっとだけチンします。

 

※あまり長くチンすると
 銀杏の水分が抜けて固くなってしまうので注意!
 なので、最初銀杏を少しぬらしておいたんですね。

 

 

ginnan5

 

 

スポンサードリンク


 

封筒に入れた銀杏を取り出だそう!

 

封筒を電子レンジから取り出して

中に入った銀杏を、

耐熱ガラスの上に並べます。

 

ラグビーボールのように丸く

きれいなウグイス色をした銀杏が

できていれば一番うれしいですね。

 

銀杏の殻の口が少し開いたものは

手で向けるぐらいがちょうどいいです。

 

中には、爆発してはじけてしまうものも

ありますが味は変わらないので

見た目にこだわらなければ食べられます。(笑)

でも、固くなっているので、あまりおいしくないです。

 

※電子レンジで加熱する時がポイント。
 ポンポンし過ぎないよう見極めましょう!
 爆発が多いと銀杏ポップコーンになっちゃいますよ。

 

ginnan6

 

殻が少し開いただけで、

なかなか殻がむけない場合は、

以下のような殻むき器があればいいですね。

 

ginnan7

 

でも、ゆっくり食べるのが醍醐味なので

必要ないかもしれません。

 

あまり、多く食べると中毒になって

しまうといいますから。

 

基本、大人は10個まで、子供は5個までです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

簡単にできましたね。

 

殻をむいて食べる銀杏もいいですよねぇ。

ちょっとをかけながら食べると最高です。

 

皆さんも、おいしい銀杏が食べられるよう

色々試してみてください!


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



2 Responses to “銀杏(ぎんなん)を早く食べたい!封筒に入れ電子レンジでチン!”

  1. 小中 君子 より:

    銀杏は よく火を通さないと
    青酸カリの成分があり マヒしたという知人がいます
    22個食べ 苦しくなったとの事
    10個までにしとかないと!

    • たかちゃん より:

      ありがとうございます。参考にさせていただきます!
      銀杏は、みんなで美味しくいただきました。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ