花粉症対策!いつからすれば効果があるの?



ハックション! 

鼻水止まらん!

 

あ~ 目もかゆくて涙が出てくるよ~。

もっと早く花粉症対策をしておけばよかった~。

 

3月ぐらいに花粉症の症状がピークに達し、

上記のように思った方も多いのではないでしょうか。

 

東京都内に住んでいるたかちゃんは、

5年前ぐらいに発症し、

花粉症のつらさが、ようやく理解できました。

kahun4
アスファルト道路と歩道の隙間に

花粉で黄色くなっているものを

みかけたときは、思わずゾッとしますね。

 

症状がひどい時は、

ティッシュを丸めたものを鼻に詰め、

その上からマスクをしています。

本当につらいです。

 

からだは元気なんですが、

目と鼻ばかり気になって

仕事に集中できないんですよね~。

 

これには、まいりました。

 

事前に少しでも対策を打っていれば

仕事もマシになったはず。

 

そして、卒業生の皆さんにとっては、

気持ちよく思い出の時間を過ごし、

きれいな写真を残しておきたいですよね。

 

そこで、今回は

いつ頃から対策を打っていれば

症状が緩和されるのか

体験談を含めてご紹介したいと思います。

 

早めの対策で、

たかちゃんの症状も

緩和されたような気がします。

 

スポンサードリンク


 

花粉が飛ぶ時期

 

 

日本では50種類以上報告されている花粉。

その中でスギ花粉が70~80%を占めています。

 

ここまで増えたのも、

戦後に植えられたスギの木が大きく成長したこと、

そして、気候の温暖化の影響で

花粉の生産能力が増したと言われています。

 

スギ林面積が国土の12%あるということからも

想像できますよね。

 

そして、なんと日本人の約2割が花粉症なんだとか!

 

kahun3

そんなスギ花粉ですが、

毎年7月頃から作られ、10月ぐらいに完成。

そこから少しずつ飛んでいきます。

 

年を越して暖かくなり始めると

雄花が開花して

花粉がいっせいに飛び始めます。

それがだいだい3月になります。

 

特に夏に晴れが多くて雨の日が少なかった年は、

花粉が非常に多く飛びます。

(海やプールに行くのにてるてる坊主に晴れて~と

お願いして、雨が少ないと春はつらいんですね。)

 

スポンサードリンク


 

花粉対策はいつ頃からすればよい?

 

 

花粉の飛ぶ時期は、毎年飛散開始日を予測した

「花粉前線」を目安にしてください。

 

これで、だいたい関東で飛ぶ時期が予測できます。

2月上旬ぐらいに九州で飛び始めまるので

その頃から準備を進めた方がよいかもしれません。

 

最低でも、花粉が飛び始める

2週間前から対策を打つのが基本です。

 

kahun5

ちなみに、たかちゃんの場合は、

1月中旬ぐらいに、耳鼻科に行って

お薬をもらっています。

(目の場合は、眼科です。)

これで、少し緩和された気がします。

 

最近では、

ジャニーズ 嵐の大野くんのCMでおなじみの

アレルギー専用鼻炎薬

「アレグラFX」(久光製薬)

市販されているので、

こちらも早めに飲むといいかもしれません。

 

なんといっても、眠くならないのがいいですね。

 

あと、お茶を飲んだり、ヨーグルトを食べたら

花粉症が治ると聞くことがありますが、

アレルギーを抑える成分を含んでいるだけで

すぐに効くわけではありません。

 

なので、普段のうちから上のような

アレルギーを抑える食品を摂りながら、

規則正しい生活をし、

免疫力を高めることが必要です。

 

そして、家の中をこまめに

掃除しておくことも大切です。

ほこりが溜まっていると、

花粉がついて、

舞い上がった時に大変ですから。

 

スポンサードリンク


 

さいごに

 

花粉症の時期は、

鼻の粘膜を正常に保つために、

風邪をひかないことも重要です!

 

kahun1

辛いものをたくさん食べたり

お酒をたくさん飲んだりするのも

アウトですよ。

 

たかちゃんは、

激辛キムチ鍋をメインとした

飲み放題の飲み会の次の日

花粉症が悪化して大変でした。

 

それでは、また~!


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ