ジャンボ宝くじの買い方とは?縦バラで当たる確率を上げる!



「縦バラって知っている?」

「何それ??」

「バラ肉じゃないけどね。(笑)」

 

 

年5回発売される大型宝くじといえば、

ジャンボ宝くじ です!

 

  1. グリーンジャンボ(2~3月)
  2. ドリームジャンボ(5~6月)
  3. サマージャンボ(7~8月)
  4. オータムジャンボ(9~10月)
  5. 年末ジャンボ(11~12月)
 

宝くじは、

買っている人は毎回買っていて

買わない人は、

まったく興味なしって

感じの人が多いですよね。

 

そこで今回は、

 

「君って夢がないよなぁ~」

 

と言われて、

宝くじ買おうか迷っているあなたに贈ります。

 

宝くじを買って、

毎日お祈りしている私が、

ジャンボ宝くじの見方と買い方を

伝授いたしましょう。

 

スポンサードリンク


 

ジャンボ宝くじの見方

 

宝くじの抽選券は、

ユニット・組・番号の3つに分かれています。

 

ここで、組と番号はわかるのですが、

ユニットってあまり気にしたことないですよね。

 

ちなみに1ユニットって、

どのくらいの枚数になるのでしょう。

ここから解決していきますね。

 

スクリーンショット (4)

 

まず、番号なのですが、

100000~199999番までと決まっています。

さらに十万の位は必ず1になります。

この10万枚が集まって1組になるんですよ。

 

そして、次にです。

組も、01~100組までと決まっているんです。

 

するとユニットも想像つくかもしれません。

ユニットは、番号の10万枚に100組を掛け算したものです。

 

100,000~199,999番までの10万枚×100組=1,000万枚

 

よって1,000万枚が1ユニットになります。

 

だから、ユニットが違えば

組や番号が同じ場合もあるんですね。

 

2013年(平成25年)11月下旬に発売された

651回 年末ジャンボ宝くじは、

60ユニットの発行になっています。

 

ちなみに、ジャンボ宝くじは1枚300円なので

1ユニット(30億円)丸ごと買えば、

すべての等級で当選するんです!!

まぁ、ありえないですが・・・

 

スポンサードリンク


 

 

ジャンボ宝くじの買い方

 

 

ジャンボ宝くじは、

全国の宝くじ売り場で購入できます。

 

1枚ずつでも買えますが、

だいたい10枚セット3,000円

購入している方が多いですね。

 

なお、10枚セットの購入には

2つの方法があります。

 

まず、1つ目は連番です。

連番は、ユニットと組と番号の

上5ケタ目までは同じで

下1ケタが0~9まで連続しています。

 

例)
ユニット 番号
11 01 100000
11 01 100001
11 01 100002
11 01 100003
11 01 100004
11 01 100005
11 01 100006
11 01 100007
11 01 100008
11 01 100009
 

メリットは、3億円以上の1等に加え

3,000万円以上が多い1等の前後賞合わせた金額が狙えます。

 

逆にデメリットは、

当選番号が発表されて

すぐに確認が終わってしまうので

つまらないかもです。

 

okane

 

2つ目はバラです。

組と番号がバラバラということですね。

 

こちらは、

1等の前後賞は期待できないですが

当選番号が発表されると、

1枚1枚確認できるので、とてもワクワクします。

 

例)
ユニット 番号
11 55 100000
11 12 110061
11 76 134002
11 39 130923
11 56 107634
11 44 190835
11 23 173056
11 98 158047
11 61 133358
11 45 173169
 

ただ、下1ケタは連番になっているので

10枚セットを買えば、連番同様に

5等300円が当たります。

個人的には、この5等をなくして

大きな金額が当たるようにして欲しいんだけどなぁ。

 

スポンサードリンク


 

ジャンボ宝くじの縦バラとは?

 

縦バラで30枚下さい!」

「はい、3セットで合計9,000円になります。」

 

この場合どうなると思いますか?

 

答えは、ユニットと組は同じにして、

番号がセット順に連番になるよう

バラを3セット買うことになります。

 

下の表を見ていただくとわかるのですが、

例えば、10枚セットの各1枚目を見ると

 

1セット目:ユニット11の55組100000

2セット目:ユニット11の55組100001

3セット目:ユニット11の55組100002

 

のようになっています。

 
1セット目 2セット目 3セット目
ユニット 番号 ユニット 番号 ユニット 番号
11 55 100000 11 55 100001 11 55 100002
11 12 110061 11 12 110062 11 12 110063
11 76 134002 11 76 134003 11 76 134004
11 39 130923 11 39 130924 11 39 130925
11 56 107634 11 56 107635 11 56 107636
11 44 190835 11 44 190836 11 44 190837
11 23 173056 11 23 173057 11 23 173058
11 98 158047 11 98 158048 11 98 158049
11 61 133358 11 61 133359 11 61 133360
11 45 173169 11 45 173170 11 45 173171
 

これが各2枚目以降も続くので

3枚の連番が10パターンできるんです。

 

こうするとバラなのに、

少し連番も入るので

1等と1等の前後賞を入れた賞も狙えるんです!!

 

いかがですか?

 

あなたも宝くじ売り場で

「縦バラで30枚!」と言えば、

素人から脱出です。

 

無関心なあなたこそ

大金を手にできるチャンスかもしれません。


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ