節分の鬼のお面をダウンロード!何色にしようかな?



お父さん!

節分の豆はあるけど、お面どうするの?

鬼(おに)役でしょ!!(`O´)

そ、そんなに怒らなくても・・・

 

setsubun1

 

 2月3日は節分です♪ o(^^o)(o^^)o

 

「鬼は〜 そと!」と豆をまいて鬼退治。

「福は〜 うち!」と幸せを招き入れる。

 

子どもが生まれるまでは、

この行事にかかわるのもご無沙汰でした。

いざやってみると、はしゃいじゃいますね〜。

o(^^o)きゃっ(o^^o)きゃっ(o^^)o~♪

 

ただ、これだけご無沙汰していると

節分てそのそも何だっけと疑問が湧いてきます。

同じく感じた方は、

節分の基礎知識の動画で復習してみて下さい。

 

節分の基礎知識



 

よくスーパーで、節分の豆を買ったのはいいけど

鬼のお面が付属でついていない時ってありますよね。

 

そんな時は、インターネットで

お面をダウンロードしてみましょう!

 

あとは、分厚い白紙と輪ゴムを用意するだけ。

お子さんと一緒に共同作業するのもいいですよ♪

 

そこで、今回は

お面素材 厳選7つをセレクトしてみました!

参考にしてみて下さいね〜。

 

スポンサードリンク
 

 

節分の鬼のお面素材 厳選7つをセレクト!







イラストポップillpop.com

 

setsubun2

 

鬼の代表的な絵といえそうですね。

好きな色で楽しくぬり絵して

完成させましょう!!




白黒イラスト素材

 

setsubun3

 

ちょっと鬼が怖いお子さんには

このぐらいの絵がちょうどよいかもしれませんね。

こちらも色を塗ってつくりましょう。




キッズ@nifty

 

setsubun4

 

赤と青のお兄さん鬼と、怖い緑色の鬼、

そして、ぬりえ用の子ども鬼があります。

お面の作り方が書いてあるので大変参考になります。




ままにゅ★ふぁくちゅあ

 

setsubun5

 

ちょっと怖い赤色と青鬼があります。

こどもは、ビビッて大泣きしちゃうかもしれません。




キヤノン クリエイティブパーク

 

setsubun6

 

定番の赤鬼と青鬼あり。

立体お面や鬼退治ゲームなどもあり

色々楽しめそうです♪




西美濃の節分

 

setsubun7

 

かわいらしい鬼のお面です。

これなら、お子さんも怖がらないかなぁ?




Let’s Enjoy TOKYO

 

setsubun8

 

ちょっと変わった かわいらしい鬼がたくさん。

メルヘン鬼やファンキー鬼など、

お子さんが かぶっても、おもしろい!




節分の鬼のお面 何色にしようかな?

 

鬼のお面に色を塗るんだけれど、

赤鬼と青鬼どちらにしよう。

 

そういえば、それ以外の色の鬼も見たことあるなぁ。

ということで、何色あるのか調べてみました。

 

結論から言うと、赤・青・黄・緑・黒の5色になります。

この5色は、陰陽五行説からきていて、

それぞれ意味があるんです。

※陰陽五行説では、青と緑は同じ色で白色が入るんですが
なぜか白鬼は見かけません。弱そうで目立たないからかな?
あと鬼の衣装も汚れそうですしね。

 

個人的見解も含みますが、こんな感じです。

 
意味 豆をまく時は・・・
赤鬼 貧欲 自分の中にある憎しみの悪い心よ出ておくれと願います。
青鬼 怒り もっと欲しいという貧相な心を、品のある豊かな心になれるよう願います。
黄鬼 甘え 愚痴ばかりな自己中なので、公平な判断ができることを願います。
緑鬼 驕り ぐーたらな生活なので、体を健康に保つことを約束します。
黒鬼 愚痴 自分よりも幸せな人を嫉むのではなく、自身を見つめなおすことを約束します。
 

なるほど、なるほど (o^。^o)

やはり悪い心の象徴でもある

赤鬼に豆をまくのが基本でしょうか。

 

この色の意味から何色にするか決めて、

お面を作るのもいいかもしれません。

 

自分の中にある悪い心を取り除けられればいいですね〜。

 

スポンサードリンク


 

さいごに

 

いかがでしたでしょう。

お面の準備できそうですか?

 

あとはお面を作って

思いっきり豆をぶつけられるだけですよ。(o^皿^o)

 

ただ、お面かぶって目を離しているすきに

お子さんがイタズラで

鼻に大豆を詰めてしまうことがあります。

 

そうすると、鼻の中の水分で膨張してしまい

取れなくなって節分どころじゃなくなります。

ご注意くださいね〜。

万が一の時は、耳鼻科にLet’s Go!です。


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ