トランス脂肪酸とは?マーガリン以外の食品では含有量が少ない?



心筋梗塞の発症リスクがあり

体に悪いとされるトランス脂肪酸

 


トランス脂肪酸を多く摂取すると


悪玉コレステロールが増えて

善玉コレステロールが減ると言われています。

 

よくマーガリンに多く含むといわれていますが

実際どうなのでしょうか?

色々リサーチしてみましたよ〜。

 

スポンサードリンク


 

トランス脂肪酸が含む食品

 

まず、トランス脂肪酸を含む食品て

何があるのでしょうか?

 

トランス脂肪酸が多く含まれる食品は、

以下の表を参考にしてみて下さい。

 
食品名 トランス脂肪酸(g/100g)平均値
ショートニング 13.6
マーガリン(業務用) 8.2
マーガリン(市販品) 5.5
パイ 4.8
クリーム 3.0
クッキー 1.9
半生ケーキ 1.8
コーン系スナック菓子 1.7
マヨネーズ 1.2
参考資料:食品に含まれるトランス脂肪酸」評価書に関するQ&A

 

上記以外でも、

ドレッシングやポテトフライ、

クラッカー・パンなどがあります。

 

特にバターやラードの代わりに使用される

クリーム状のショートニングは高い数値です。

 

ちなみに、ショートニングというのは、

マーガリンから水分と添加物を除いた

純度の高い油脂(ゆし)です。

abura5

長期保存で価格が安く、

フライドポテトは、カラッと揚がり

ビスケットは、速く焼き上がり

舌触りも良いなどのメリットがあるんですね。

 

マクドナルドなどの食品チェーンでは

トランス脂肪酸の使用をやめているようですが、

スナック菓子やパンなど一般的な食品にも

気がつかないところで入っているようです。

 

スポンサードリンク


 

トランス脂肪酸の摂取量

 

農林水産省のホームページを見てみると

WHO(世界保険機構)では、

トランス脂肪酸の摂取量を、

総エネルギー摂取量の1%未満と勧告されています。

 

日本人が1日に消費するエネルギーが

平均で約1,900 kcalなので、

1日約2g未満が目標量になります。

実際食べている平均量は1gに満たないぐらいです。

 

そんな中、アメリカでは、

食品にトランス脂肪酸を用いることに

禁止の動きが出てきているようです。

 

というのも日本に比べ2倍以上の

摂取量があるので

騒がれるのも無理はないかもしれませんね。

 

参考:食品に含まれるトランス脂肪酸の食品健康影響評価

 

日本でも話題になっている

トランス脂肪酸ですが、

アメリカに比べて摂取量が少ないので

規制がありません。

 

ただジャンクフード好きな方は、

危ないかもしれません。

 abura3

バランスのよい食事

心がけている方は大丈夫だと思いますが・・・

 

やっぱり、外食を控えての自炊と

日本食が一番でしょうか。

 

トランス脂肪酸とは

 

そもそもトランス脂肪酸とは何なのでしょう?

 

まず、脂肪酸とは油脂(ゆし)のことを指し、

細胞を作ったり、エネルギー源としての働きがあります。

 

構造としては、

炭素の原子(C)が鎖状につながり、

そこに酸の性質を示すカルボキシル基(-COOH)を

持っているのが特徴です。

 

また、脂肪酸は、

大きく分けて2つに分類されます。

 
脂肪酸 種類 油脂 炭素 食品例
飽和脂肪酸 動物性油 固体の油 二重結合なし バター・ラード・豚の脂身
不飽和脂肪酸 植物性油 液体の油 二重結合あり 紅花油・魚油・オリーブオイル
 

不飽和脂肪酸の場合は、

炭素の二重結合周辺の違いにより、

シス型とトランス型に分かれます。

 

トランスとは、

横切って・他の側へ という意味で、

水素原子が炭素の二重結合を対称に

それぞれ反対側についています。

 
abura1

出典:農林水産省 すぐにわかるトランス脂肪酸

 

シス型は天然のものが多いですが、

トランス型は、

植物油に水素を添加して生成された

自然界には存在しない半液体の油です。

これを、トランス脂肪酸と呼ぶんですね。

 

ちなみに、植物から油を絞る際、

臭いを取り除くために高温で処理します。

 

その時に、植物に含まれている

シス型の不飽和脂肪酸から

トランス脂肪酸ができるため、

植物油にも微量のトランス脂肪酸が

含まれるそうです。

 

油を使うには、

オリーブオイルが一番のようですね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

トランス脂肪酸は、

マーガリン以外にも微量ではありながら

色々な食品に含まれていることがわかりました。

 

できるだけ摂取を控えたいところですが、

脂質自体は、重要な栄養素です。

健康を意識して

バランスよい食事を心がけていきましょうね!


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ