コーヒーの種類による違いは?サイズは何が違うの?



スタバやドトール・タリーズに行っても

コーヒーの種類がわからない!!

その違いを解説します。初心者必見ですよ〜♪

 

 

最近、年取ったなぁ。

なんだかコーヒーが、美味しく感じるようになりました。

 

でも、お店で注文する時、種類がよくわからないので

とりあえず「ホットコーヒー」お願いしますと

言ってしまうんですよね〜。

 

そこで、コーヒー初心者の私が

徹底的にリサーチしてみました!

 

スポンサードリンク


 

コーヒー豆の焙煎(ばいせん)方法

 

まず、コーヒーの焙煎方法として

浅煎り(あさいり)・深煎り(ふかいり)

大きく2つの種類に分かれます。

coffee1
焙煎とは、コーヒー生豆を加熱して煎ることです。

よく焙煎のことをローストといいますが、

コーヒーの味と香りを作り出す工程なんですね。

(皮付きピーナッツを煎ると香ばしくておいしいですよね!

そんなイメージです。)

 

なので焙煎次第で、色々な味を生み出すことができるんですよ。

 

詳細は、以下の表を参考にして下さい。

 
焙煎方法 削り 時間 特徴 香り カフェイン 胃の負担 抽出方法
浅煎り 粗挽き 短い 酸味>苦み 香ばしく軽い 多い 多い ドリップ式
深煎り 細挽き 長い 酸味<苦み 独特で豊か 少ない 少ない エスプレッソ式
 

coffee出典:handpresso

 

 

コーヒーの抽出(ちゅうしゅつ)方法

 

ドリップ式

coffee3
簡単に言うと、

浅煎りのドリップ式が、一般的に家庭で飲んでいるコーヒーです。

 

ペーパーフィルターなどで、時間をかけてこしていきますよね!

味は、苦みより酸味が多くて軽くてスッキリ

しているのが特徴です。

 

ちなみに、色々呼ばれ方があるので、

以下の表を参考にしてみて下さい。

 
呼び方 内容
ブレンド 3〜5種類程度コーヒー豆をミックスしたもの(味や香りのバランスが良くなる。)
ストレート 1種類のコーヒー豆を使用したもの。モカやコロンビアが有名ですね。
レギュラー インスタントに対しての和製英語。コーヒー豆を焙煎した普通のコーヒー。
アメリカン 正式には、アメリカンローストコーヒー。より浅煎りで焙煎し薄めたもの。お湯を入れて濃度を薄めるケースもあり。
 

 

 
ブレンドコーヒーとアメリカンコーヒーの違い
 

本来は、上記の表の違いがありますが、

気軽なコーヒーションプや喫茶店だと

ブレンドコーヒー + お湯 = アメリカンコーヒー

という印象です。

 

 

エスプレッソ式

coffee4
それに対して、ちょっと贅沢な専用マシンを使うのが、

深煎りのエスプレッソ式と呼ばれているものなんです。

 

コーヒー粉を固めたものを、一気に高圧で抽出するんですよ。

 

味は酸味より苦みが強くて濃いのが特徴です。

また、カフェインは、深煎りにより揮発して抽出時間も少ないので

ドリップ式よりも少ないんですね。

 

スポンサードリンク


 

コーヒーの種類と違い

 

上記では、ドリップ式とエスプレッソ式の

抽出方法をみてきました。

 

その抽出方法に加え、材料(コヒー・ミルク・モカ・お湯)

変えることによりコーヒーの呼び方が違ってきます。

ここでは、その種類をまとめてみました。

 

ちなみに用語として

温めたミルクをスチームドミルク

泡立てて温めたミルクをフォームドミルクというので

覚えておきましょう!

 
種類 焙煎 抽出方法 コーヒー 温めたミルク 泡立てたミルク モカ(チョコ風味) お湯
カフェオレ 浅煎り ドリップ 5 5
アメリカン 浅煎り ドリップ
エスプレッソ 深煎り エスプレッソ
カフェラテ 深煎り エスプレッソ 2 8
カフェアメリカーノ 深煎り エスプレッソ
カプチーノ 深煎り エスプレッソ 4 3 3
マキアート 深煎り エスプレッソ 9 1
ラテアート 深煎り エスプレッソ 8 2(模様)
カフェモカ 深煎り エスプレッソ
モカラテ 深煎り エスプレッソ
※数字は合計10にした割合です。

 
カフェオレとカフェラテの違い
 

カフェオレ(フランス語)は、

浅煎りドリップ式で、コーヒーのミルク割り。

 

カフェラテ(イタリア語)は、

深煎りエスプレッソ式でエスプレッソのミルク割り。

※イタリアではコーヒーをエスプレッソのことを指す。

 

それぞれコーヒー牛乳なので、

飲んでみた時は、あまり違いがわからないかも〜。

 

こちらの動画も参考にしてみて下さい♪



 

 

コーヒーのサイズを教えて!

 

コーヒーの種類はわかりました。

でも、お店によってドリンクサイズの読み方が違います。

 

そこで、よく行くコーヒーショップの

サイズを比べてみました!

 
コーヒーショップ S(236ml) M(354ml) L(473ml) LL(591ml)
スターバックス  ショート トール グランデ ベンティ
タリーズ  ショート トール グランデ エルノメ
ドトール  S  M  L
サンマルクカフェ  S  M  L
ニューヨーカーズカフェ  スモール ミディアム ラージ
 

スポンサードリンク


 

おいしいコーヒーを探すコツ

 

いかがでしたでしょうか?

 

普段何気なく飲んでいるコーヒーにも

色々な違いがあるようです。

 

最後になりますが、

もし、これから美味しいコーヒーを

探したい場合は、以下6つをチェックしてみて下さいね!

 

1、コーヒー生豆の鮮度はどうか。

2、コーヒー生豆の保存方法はどうか。

3、焙煎具合はどうか。

4、酸味はどうか。

5、苦みはどうか。

6、香りはどうか。

 

それでは、また〜!

 


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ