システムエンジニアの仕事内容とは?そんなに単純ではない転職!



こんにちは

たかちゃんです。^^

 

たかちゃんは、

ちょうど2000年問題の頃

アナログ人間でありながら、

IT業界でシステムエンジニア(SE)

仕事をしていました。

 

 

年末年始に会社に待機していたのが懐かしいです。

特に何も無かったんですけどね・・・

みんなで「明けましておめでとう!」と言いながら

朝までぼーっとしていました。^^;

 

 

システムエンジニアといっても

色々あるのですが、

カチカチとキーボードをたたく

プログラマー(PG)では

ありません。

 

pr

 

 

 

それでは、

どんな仕事をしていたのでしょうか?

 

 

 

ここからは、

たかちゃんがしていた

仕事の紹介を交えながら

 

システムエンジニアの特徴

システムエンジニアの転職

 

などのお話していきたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

 

システムエンジニアの仕事

 

たかちゃんは、

一次話題となった蓮舫さんの

「2位じゃダメなんですか?」発言で

ニュースでよく流れた

スパコンが置いてあるサーバールーム

みたいなところで作業してました。

 

・・・

 

どんな仕事かっていうと

 

昼も夜もわからない窓のない空間で、

 

 

黒くて大きいサーバーを組み立てます。

その後、スイッチオンして、

OS立ち上げ、

アプリケーションインストールして

ネットワークにつないで

バックアップスケジュール組んで・・・

 

den

 

 

要は、インフラ系エンジニアといって

皆さんが家庭で使っている

パソコン設定するみたいに、

業務用の大きなサーバーの構築を

行う仕事がメインになります。

 

・・・なので

自慢ではありませんが、

プログラムは書けませんでした。^^;

※1年目にちょっと研修受けただけ

 

 

ちなみに

構築作業が上手く行かないときは・・・

 

 

地方出張で日帰りのつもりが帰れない。

 

突然の呼び出しで3日間徹夜。

 

 

na

 

 

などなど、苦い思い出もありますが

それが良い糧となって、

何でも来い!っていう自信がつきました。(笑)

 

そして、

たかちゃんの会社は、

SI(System Integrator)企業でした。

 

 

SI企業は、

お客さんが望むシステムを実現する為に

いろいろなメーカーのハードを選定し

いろいろなソフトを使って開発し、

一括して納品する企業のことです。

 

 

その中で、

システム設計・開発する人が

ちょっと営業よりな

システムエンジニアになります。

 

(ちょっと営業よりなと表現したのは

ハードやソフトも販売店として

売るからなんですね。

 

もちろん、お客さんに対して

プレゼンもするんですよ。

このハードとソフトを入れると

例えば、コストを抑えて

仕組みも簡素化できるなど。)

 

 

SI企業をプロ野球団で例えると

 

ya

 

 

野球監督がシステムエンジニア

1軍の選手がプログラマー

2軍の選手が下請け会社のプログラマー

3軍の選手が孫請け会社のプラグラマー

 

のイメージになるかもしれません。

 

その中でメジャーリーグ入りするのが

 

フリーランスのSE・PGですかね。

 

ある意味自己責任です。

 

スポンサードリンク


 

システムエンジニアの特徴

 

ちなみに、たかちゃんが感じる

システムエンジニアの特徴をご紹介!

ちょっとズレていたらごめんなさいね。

 

良い面

 

・特別な資格がなくてもSEになれる。

・パソコンに嫌でも詳しくなる。

・チームワークが重要な為、

 コミュニケーションスキルが磨かれる。

・プロジェクトが成功した時、感動を分かち合える。

・技術の進歩が速いため、自分で調べるクセがつく。

・誰も教えてくれないので、独学の力が身に付く。

・難しい言葉をわかりやすい表現にして説得できる。

・プレゼンスキルが身に付く。

・自宅でも仕事ができる。

・看護師さんにモテる?

(夜勤があるので休みを合わせやすい。)

 

悪い面

 

・パソコンのことなら何でも知っていると

 誤解されることがある。

・「ありがとう」と直接感謝される機会が少ない。

・フレックスの会社が多い為か、

 夜行性で朝遅く時間にルーズ。

・会社の一員である意識が薄く、人事評価が難しい。

・電話に出るのが遅い。

・会議中、みんなノートパソコン持ち込んで

 カチャカチャしている。

・納品のタイミングが難しい。

・夏休み、冬休みは仕事。

・残業も多く、時々家に帰れない。

・ウツになる人が多い。

 

スポンサードリンク


 

システムエンジニアからの転職

 

 

特にプログラマーの方が多いかもしれませんが、

30歳、35歳、40歳などの定年説があります。

 

 

ただ、その年齢になると出世して管理職になるので

現場でのプログラミング、インフラ構築などの

作業は減り、メンバーの教育や進捗管理が

メインになってくると思います。

 

paso

 

 

なので、よほど

パソコン好き(組み立てやプログラミング好き)か

パソコンアレルギーになってしまったという方以外は、

そのまま会社に残る道を選ぶのではないでしょうか?

 

 

その前に、

 

たかちゃんは体調壊してしまい

ギブアップして他業種に

転職してしまいましたが。^^;

 

 

もし、転職するとなると、

以下のようなところでしょうか。

 

・WEB業界

・社内SE

・ITコンサルタント

・人材会社の転職エージェント

 

同業界は給与UPするかもしれませんが、

異業種だとDOWNするのではと思っています。

ただ、残業が減り、少し人間らしい生活に

戻ることができると思いますが・・・。

 

 

とはいっても、

この業界は目まぐるしく変化していきますので

 

転職エージェントさんに

動向を確認して

新たな道を探すヒントに

してみてはいかがでしょうか!

 

 

それでは、また〜


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ