整形外科と形成外科の違いは?美容外科はどちらの先生が診ているの?



あなたが、初対面の人と会った時、
相手に与える印象は?


 

biyou

 

    • 外見: 55%
    • 話し方: 38%
    • 言葉づかいや内容: 7%
     

    これは、
    有名なメラビアンの法則呼ばれているものです。

     

    昔、この法則を実際の仕事の中で実証された本
    「人は見た目が9割」が、話題になりましたね。

     

    特に外見の80%からと言われています

     

    そんな、自分の容姿にコンプレックスを持ち
    アクティブに生きられない!

    そこで生まれたのが美容外科です。

     

    でも、その前に整形外科とか形成外科とか
    あるけれど何が違うの?



    美容外科は何科の先生が診ているんだろう?と
    疑問がわいたので調べてみました!

     

    スポンサードリンク


     

    整形外科と形成外科の違い

    それでは、整形外科と形成外科の
    違いを見ていきましょう!

     

    整形外科

    骨や関節をメインに運動に関する器官を診る科。

     

    骨・関節・筋肉・腱・脊髄・神経などの
    首から下の外傷や疾患の治療を行っています。

    先生によって得意分野があるようですよ!

    kansetu他にリハビリテーションも診ています。

    よく、野球選手のピッチャーが
    肘の関節を痛めて手術することになった
    という場合は、整形外科なんですね。

     

    ちなみに、整骨院などで関節の痛みを
    取ることができるかもしれませんが、
    こちらは医師ではありません

    そして、レントゲンもないので
    細かい診断ができないんです。

     

    ですので、手術をしないと
    後遺症が残るリスクもあるので、
    最初は整形外科の先生に診てもらうのが
    無難かもしれません。


     

    ちなみに、首から上
    脳神経外科・耳鼻咽喉科などの
    専門の先生が担当します。

     

     

    形成外科

    皮膚などの体の表面の異常を修復再建する科。

     

    簡単に言うと皮膚表面のトラブルを対応する科です。

    逆に整形外科は、体の深い部分(骨)を診る科になるんですね。

    ただ、転んだり交通事故による顔の骨折は
    首から上になるので形成外科の先生が担当しています。

     

    やけどでただれてしまった皮膚の再生、
    手術で失った組織の再建など
    働きの回復と見た目の改善を行います。

    これは再建外科といって健康保険適用になります。

     

    そして、形成外科のもう1つが美容外科になります。

     

    スポンサードリンク


     

    美容外科は何科の先生が診ているの?

    これでお分かりの通り
    美容外科は形成外科の先生が診ています!

    ここで、美容外科に関して
    もう少し詳しく見ていきますね!

     

    美容外科

    形成外科で使用される技術を美容の分野に応用したもの。

    hakui

    美容外科は、機能的には何の支障がなくても
    美的に形成することで精神的負担が軽減されていきます。

     

    ただし、何の異常もない(病気ではない)
    健康的な体を治療するので健康保険の適用はされず
    全額自己負担(自由診療)になります。

     

    スポンサードリンク


     

    最後に

     

    いかがでしたでしょう。
    これで、頭がスッキリしましたか?

     

    最近、美容外科の先生は、カッコ良くて、
    美人でかわいい先生が増えてきましたね。

     

    それだけ、自己ブランド化
    進んできているような気がします。

     

    そして、初期研修医を卒業してすぐや、
    他科から転科して
    美容の道に入る先生も
    多いようです。



    今後、この美容業界どのように
    進んでいくのか注目していきたいですね!!

     

    それでは、また♪


    スポンサードリンク




    こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

    スポンサードリンク



    コメントを残す

    *

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ