地震対策!外出時にカバンに入れておきたい7つの防災グッズ



は、忘れた頃にやってくる!

 

東日本大震災からもうすぐ2年半。

ちょうど震災当日は、

会社(東京都内)で仕事をしていました。

 

外に出た時、ビルがぐらんぐらん

大きく横に揺れていた光景は

今でも忘れられません。

 jishin5

なんとか6時間以上かけて

歩いて家に帰りましたが

スマートフォンの地図が

なかったらもっと時間がかかって

いたと思います。

 

もし、この時に遠い外出先だったら

どうだったでしょう。

考えただけでゾッとしますね。

 

そこで、今回はそんな時の備えとして

持っていた方が良いグッズを

ご紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク


 

外出中に地震が起きた時への7つの防災グッズ

 

外出時は、カバンを持ち歩いているわけですが

毎日持ち歩くとすると軽量でかさばらない

グッズを入れておきたいものですよね。

jishin

カバンをパンパンにして持ち歩いても

いいかもしれませんが、

重くて疲れてしまうし、

見た目も恥ずかしいですからね。

 

地震を毎日気にして生活していたら

先にの方が参ってしまうかも

しれませんし。

そこで、最低限必要になる

グッズをご紹介します!


 




 1、スマートフォン

 google地図を見て方向など確かめるには必須です。

 ラジオや懐中電灯、ホイッスルなどのアプリも

 入れておきましょう。




  2、スマートフォンの充電池

 スーマトフォンの電池が切れたら途方にくれます。

 2つぐらい持っていてもいいかもしれません。




  3、飴やチョコレートなどのお菓子

 もし、食べるものがなかった時の為に

 少量でエネルギー補給できます。

 サプリメントを持つ手もあります。




 4、ミネラルウォーター(ペットボトル)

 いのちの水です。

 できるだけ常時持ち歩きたいですね。

 携帯用浄水器を持つ方法もありですが・・・




  5、ハンドタオル

 煙やほこりを防いだり、止血するために利用。

 水に濡らして、顔や手を拭いたりもできますね。

 一緒にマスクや軍手も用意しておきましょう。




 6、携帯トイレとウェットテッシュ

 トイレは、結構困ります。

 今は軽量のものもあるので、

 カバンに1つ入れておいても

 良いかもしれません。




 7、レインコート

 雨にぬれるのは辛いものです。

 防寒対策にもよく、最悪ごろ寝用に。




 

スポンサードリンク


 

外出中に地震!かさばるけど あると便利な防災グッズ

 

あとは、折りたたみヘルメット

持ち歩きたいところですが、

ちょっと かさばり過ぎるかな〜?!

 
 

そして、何気に便利なのが

ミニサランラップ

 

水を運んだり、

ご飯のお皿として使ったり(洗わなくてすむ)

保温したりと、役立つ場面が多いようです。

 

そうそう、最近以下の商品をゲットしました。

 

・携帯用ホイッスル

jishin3

 

・単三電池を単一電池として使用できるグッズ

 

jishin2

 

皆さんもカバンに入る防災グッズ

考えてみて下さいね!

 

 

もう一度、復唱しておきます。

 

地震は、忘れた頃にやってくる。

 

では、また〜


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ