スマホ 手袋の選び方!7つのポイント



 

iPhoneやAndroidなどの

スマートフォン

 

国内の普及率は28%以上と

徐々に増え続けています。

 

あなたは、

寒い秋や冬に手袋をされますか?

 

te1

 

されている方は、ご存知だと思いますが

一般的な手袋でスマートフォン画面を

タッチしても反応してくれません。

 

タッチスクリーン(静電容量式)は、

画面に触れた指が電気を通して

感知できる仕組みです。

 

よって、手袋をしていると

指が触れない為、操作できないんですね

 

そこで、今話題のスマホ手袋の登場です!

 

スポンサードリンク


 

スマホ手袋とは?

 

まずは、ミドリ安全さんの

スマホ手袋の動画をご覧下さい。

ちょっと、ドキドキとさせられますよ。 

 



 

スマホ手袋は、

電気を伝導できる導電繊維が使われています。

 

多くの場合、

親指と人差し指の第一関節ぐらいまでの

ところだけ導電繊維が織り込まれ

タッチして操作できるようになるんですね。

 

↓こんな感じです。
Agloves Sport (アグロブ・スポーツ) タッチスクリーン手袋
 

今では、ローソン100ダイソー

CanDoセリアなどの100円ショップ

ユニクロヒートテックニットグローブなど

手頃な商品も増えてきました

 

ただ、安い商品ですと

操作性がいまいちで反応が悪いなど

デメリットも出てきているようです。

 

また、上記でご紹介した写真の手袋

Agloves Sport (アグロブ・スポーツ) は、

素材に銀素材融合のナイロン繊維を使用しているので

手袋全体がタッチスクリーンに対応しています。

 

それだけ優れものなのですが、

Amazonレビューを見てみると、

 

ちょっと値段が高くて灯油系の臭いがする。

装着した感覚が合わなくて寒い。

 

などの意見もあがっていて、

悩んでしまいます。

 

そこで、次にスマホ手袋選びの

ポイントをお伝えしたいと思います!

 
 

スマホ手袋の選び方

 

それでは、

スマホ手袋選びに重要な

7つのポイントを見ていきましょう!

 




 1、サイズ

 

 フリーサイズまたは、S・M・Lサイズと

 分かれているか。

 指がぶかぶかだと操作性が落ちるので

 フィット感が重要です。




 2、反応(操作性)

 

 タッチパネルの反応が良いか。

 そして、細かいタッチ操作ができるか

 試してみて下さい。




 3、指の本数

 

 導電繊維が織り込まれている指の本数です。

 だいたい親指・人差し指・中指・全部の

 いずれかの選択になるでしょう。

 手袋全体だと、通常の感覚に近いのでいですね。




 4、滑り止めの有無

 

 スマホはガラケーに比べると

 大きくて落としやすいですよね。

 だから滑り止め加工されているか

 チェックしてみて下さい!




 5、温かさ

 

 手袋の本来の目的は

 防寒対策ですから

 これが機能していなかったら

 本末転倒です。

 あと、装着感も違和感がないか

 チェックしてみて下さい。




 6、デザイン

 

 これは、好みの問題です。

 シンプルなものが良いか

 綺麗な絵柄が描いてあるものが良いか

 本革を使ったカッコいいものが良いか

 機能性と合わせて検討しましょう。




 7、価格

 

 だいたい1,000〜3,000円台が相場のようです。

 ただ、素材が高額のものだったりすれば

 4,000円以上のものもあります。

 ここは、お財布と相談して下さいね。




スマホ手袋使いにくい。そんな時は?

 

やっぱりスマホ手袋でも

タッチの反応悪くて使いにくい!

 

滑り止め加工してあっても

滑っちゃうよ〜。

 

そんな時は、指なし手袋で解決です。

 

単純ですが、コレが一番・・・^^;

 
オリーブサラ 指なし手袋 (スマホ操作もらくらく♪)
 




 

あと、今持っている手袋で何とかならないかな〜?

 

そんな時は、てぶタッチという商品が

解決してくれるかも。

 

手袋の指先に3〜5滴垂らし少し乾燥させるだけで

あら不思議。スマホ手袋の完成です。

ちょっとシミができたり

傷んだりしないか心配ですが、 

もしスマホ手袋を洗濯してしまって

反応が悪くなった場合も

使えるのではないでしょうか。




そして、最後にちょっと斬新な商品

hi callをご紹介!

 

手袋した手をスマートフォンの

受話器にしてしまうというもの!

 

小指部分にマイク、親指部分にスピーカーを内蔵。

Bluetooth対応のスマホと接続すれば、

しまったままでも耳に手をかざして

通話できるんですって!!

 

ちょっと恥ずかしいような。(笑)

 

お値段9,800円 いかがでしょう?

 

te2
※公式ページより抜粋






 

それでは、また〜

 


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ