甘酒の効能 美肌でプルン♪



 

 く濁った甘味飲料 甘酒

 

 風邪をひいた冬の夜

 おかあさんが、

 大きな鍋にお湯を沸騰させ

 酒粕と大量の砂糖を加えて

 気持ちも温まる甘酒を

 つくってくれました。

 

 古くから親しまれるこの甘酒ですが、

 実は夏の飲み物ということをご存知でしたか?

 美容効果もあってプルプルお肌にも期待大です!

 

スポンサードリンク


 

甘酒は飲む点滴 その効能は?

 

 

 江戸時代の夏

 庶民の栄養ドリンクだった甘酒。

 当時は「あ〜まざけぇ〜」

 甘酒売りも多く、

 暑気払いに飲む習慣がありました。

 

 また、夏バテを防ぐことができ、

 土用の丑の日に食べる鰻パワーより

 効果があったようですよ。

 

hada3

 

 俳句では甘酒は夏の季語にも

 なっているぐらいですから

 それだけ親しまれていたことが

 わかります。

 

 ・・・というよりも

 今に比べ食生活も質素で、

 夏に体調を崩す方も多かったので

 必需品だったかもしれません。

 

 

 それでは、この甘酒には、

 どんな効能があるのでしょうか?

 

 甘酒には豊富にブドウ糖が豊富に

 含まれていることから

 栄養剤としての点滴と同じ意味で

   飲む点滴と言われています。

 

 他にビタミンB1、B2、B6、葉酸、食物繊維、

 オリゴ糖や必須アミノ酸が含まれているので

 栄養ドリンクに近いですよね。

 

スポンサードリンク


 

甘酒の種類

 

 

   あなたがいつも飲んでいる

 甘酒ってどちらですか?

 

 A. 米と麹でつくったもの

 B. 酒粕(さけかす)からつくったもの

 

 

 最初に出てきたお話のものは

 B.の酒粕からつくったものですね。

 

 酒粕は、日本酒を造る時に、

 米と米麹を発酵させてから

 酵母でアルコール発酵をし、

 できあがったもろみをしぼって

 日本酒を取り出すのですが、

 そこに残ったものになります。

 

 だから砂糖入れないと

 甘くありません。

 アルコール残っていたら

 酔っぱらっちゃうかも。

 

 A.の米と麹でつくったものは、

 米の中に含まれているでんぷんを

 麹の力で分解(糖化)したものです。

 日本酒を造る時の酵母を加える前

 ものですね。

 だからアルコールは含んでいません。

 

 ちなみに本物の甘酒

 A. 米と麹でつくったもの

 

  当たりましたか? 

 

スポンサードリンク


 

甘酒の効果で美肌プルン♪

 

 甘酒を飲むと美肌がプルン♪

 になれるそうですよ!

 

hada

 

 なぜなら

 甘酒の原料である麹や酒粕には

 美肌成分のコウジ酸が豊富に

 含まれているからなんです。

 

 そのコウジ酸が

 しみやそばかすの原因となる

 メラニン色素を作り出す働きを

 抑えてくれる効果があるんですね。

 

 ただ、毎日飲み続けることが大切です。

 

 

 このコウジ酸。

 

 それ以外にもこんな効果もあります!

 うれしいですね。

 

 ・ビタミンB2やB6が豊富なので

  肌のうるおいを保つ効果

 

 ・抜け毛予防と

  頭皮を若返らせて髪をつくる効果

 

 ・脂質の代謝によるダイエット効果

 

 

 あぁ、書いていたら

 甘酒飲みたくなってしまいました。

 氷を浮かべてゴクリかな。^^


スポンサードリンク




こちらの記事も合わせてお読み下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ